FP2級を目指す人におすすめ!AFP認定研修はECCのDVD講座を使おう

FP2級を受験するには、受験資格が必要です。その受験資格を得るための方法の一つが、AFP認定研修を受講して修了することです。

AFP というのは、日本FP協会が作った民間資格です。そして、AFP認定研修というのは、日本FP協会が認定する研修の事ですね。

とは言え、AFP認定研修は日本FP協会が直接行っているわけではありません。大学や資格学校などが行う講座を、日本FP協会が認定しているだけです。

ということは、講座によってクオリティにバラつきがあるのは当然です。教材の作り方などによって、合格率に差が出るのは当然でしょう。つまり、どの講座を選ぶかは、非常に重要な問題という事になります。

ちなみにAFP認定研修は、FP2級の対策講座にもなっている事が多いです。ということは、受験資格を得ると同時に試験対策をすることも出来るわけです。これは非常に効率的と言えます。その他の方法で受験資格を得ることも出来るのですが、はっきり言って非効率なのです。

ECCの通信講座がおすすめ

さて、数ある講座の中で、個人的におすすめなのは、ECC のDVD による通信講座です。大手の資格学校による講座に比べて受講料が大幅に安い上に、合格率が高いのです。

何故この講座をおすすめするかというと、コストの面でも学習効果の面でも優れた講座であることは疑いようが無いからです。効率よくFP2級を取得したい人は、ぜひ選んでいただきたい講座です。

6万円を切る低価格

ECCの通信講座は、これを書いてる時点では、税込みで5万9800円です。ちなみに、2級だけでなく、3級の講座もセットになっています。

これは資格学校の同じような内容の講座と比べると、はるかに安い価格だと言っていいでしょう。

資格学校の場合は、通信講座と通学講座を同じくらいの価格設定にしているところが多いようです。ということは、受講料は通学講座の受講料にあわせることになるわけです。ですから、かなり割高になっていることが多いです。

例えば、TAC の「3・2級試験対策パック」という講座は通信講座でも通学講座でも15万2000円もするのです。ECC と比べると、3倍以上価格が違うわけですね。

低価格だが合格率が高い

この講座のもう一つの特徴は、価格が安いにもかかわらず、合格率が高いという点でしょう。なんと全国平均の2倍の合格率があるそうです。

そもそもAFP認定研修の受講者は、独学で勉強した人に比べると、合格率が高いと考えられます。ですから、全国平均よりも合格率が高くなるのは、ある意味当然のことです。

実際、AFP認定研修を修了した受講者が多いと考えられる日本FP協会の受験者は、金融財政事情研究会の受験者よりも合格率がかなり高いようです。ですから、全国平均よりも合格率が高いのは、当たり前のことなのです。

それでも、全国平均の2倍となると、かなりすごい数字だと言っていいでしょう。講座を選ぶ時の根拠としては、十分だと思います。

その他にも、優れた点がたくさんあります

内容が充実していて過去の合格率が高ければ、講座を選ぶ基準としては申し分ないでしょう。安くて合格しやすいって、一番重要な要素ですからね。

ただ、この講座には他にも優れた点があります。例えば、この講座の講義時間はかなり長いです。67時間もの講義DVD が入っているのです。

これは、資格学校がやっているお高い講座と大差がありません。つまり、比較的低価格で、資格学校の講座に劣らないボリュームの講義を受けられるのです。

また、問題集、過去問なども充実しています。また、講座の内容で分からない部分に答えてくれるシステムもしっかりしています。

もう一つ付け加えると、動画による解説が付くのも大きいです。初学者の場合は、紙のテキストだけで勉強するよりも、人からポイントを教えてもらった方が効率的に学べるからです。

でも、紙のテキストだけの講座の方が受講料が高かったりするんですよね。この講座がいかに充実しているかという話ですね。

これらのポイントを考えると、なかなかいい選択だと思うのです。

FP2級の通信講座(AFP認定研修)ならECCがおすすめ

FP2級の試験対策にはECCの通信講座がお勧めです。

この講座はAFP認定研修なので、修了すればFP2級の受験資格が得られます。また、合格率が非常に高いのに料金が安いと、いい事づくめです。

確実に合格したい人は、チェックしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。